賃貸マンションというものを位置付けてみると

マンションには賃貸と分譲、という二つのカテゴリーのものがあります。

この賃貸と分譲というカテゴリー分けは、もちろん、一戸建て住宅にもあるわけなのですが、マンションと同じ集合住宅であるアパートの場合には、賃貸のみがあって分譲というものはない、ということになっています。これは、アパートというものは、その建物のグレード自体が売却の対象にはふさわしくない、というものであるからです。

こうしたことから、賃貸住宅を借りて住もうという場合には、一戸建てかマンションか、それともアパートかという選択になるわけなのですが、この選択は、ほとんど場合、その人の予算次第というのが実情でしょう。

というのも、その賃料の標準価格としては、一戸建て住宅、マンション、アパートという順の高低になっているのが一般的、だからです。



もちろん、賃料の高低のみではなく、その立地や周辺環境、交通の便の良し悪しといった要素も関わってくるのですが、まずはその人の懐具合というものが選択の際の最大の分かれ目になる、というのが実情と言っていいでしょう。



もっとも、最近は以前に比べてだいぶ増えてきているとはいえ、一戸建ての賃貸住宅はまだまだ物件数自体が少ない、という事情があるために、一戸建てを借りることができる予算があっても、現実問題として難しいという場合が少なくないようなので、その分だけマンション需要が高くなっている、という実情もあるようなのですが。